読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OOTA DOJO BJJ

埼玉県の大宮で活動してる総合格闘技ジムOOTA DOJO ブラジリアン柔術クラスのブログです

【ASJJF - DUMAU TOKYO JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2017】

3月26日に台東リバーサイドスポーツセンターで行われたASJJF - DUMAU TOKYO JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2017に山田が出場しました。

f:id:ootadojobjj:20170330121701j:plain


ライトフェザー級にエントリーしましたが、相手がおらず1つ上のフェザー級で出場です。


1回戦はブレイブハートの大藤健祐選手と対戦。


大藤選手は柔道ベースで柔術プリーストカップ優勝や柔術新聞杯2位など実績のある選手です。


序盤投げでテイクダウンの2ポイントを取られますが、スタンドで朽木倒しで崩してバックを奪いそのままバックへ。


その後はスイープやバックマウントなど積み重ね15-2でポイント勝ちできました。


決勝はパンクラスの馬場勇気選手。


柔道ベースで中々崩せませんでしたが、中盤もつれ合った時にバックを奪いボーアンドアローチョークで一本勝ち!


優勝です😊




f:id:ootadojobjj:20170330120845j:plain



今回は無差別級もエントリー。


1回戦パンクラスの渡慶次公平選手との予定でしたが不戦勝。


準決勝でハニートラップの上久保周哉選手と対戦。


かつぎパスガードが尋常じゃないくらい強いので、あえてスタンドの柔道勝負。


2階級差でしたのでヤバイかと思いましたが意外と耐えれました。


7分間終了してサドンデスへ。


小内刈りからシングルレッグに捕まえたところ、上久保選手の引き込み返しを凌ぎ切って上を取りそれがテイクダウンの扱いになりました!

ポイント勝ちです!


決勝はインファイトのケビン・キムラ。

青帯は数える程しか負けておらず、紫帯でも世界選手権で4回戦まで進んだ化け物です。


正直秒殺されるかと思いましたが、序盤でなんとスイープに成功。


しかしパスガードのプレッシャーを受け続け中盤でパスガードの3ポイントで逆転されます。


最後はウエイトで固められてしまい2-3でポイント負けでした。


ただ階級下の自分が紫帯のトップにここまでやれるとは思いませんでした。


f:id:ootadojobjj:20170330120913j:plain


OOTA DOJOになってからこんなにも自分が結果でる人間になるなんて思いもしませんでした。


太田さん、OOTA DOJOの皆さん本当にありがとうございます。


今後ともどうぞよろしくお願いします!

osss!